woman is sad because many problems

適度なケアをする

girl looking out the doorway

女性にとって、デリケートゾーンの臭いは、とても気になってしまうものですよね。特に、パートナー男性との性交時には気になってしまうものです。まんこの中は、夏は暑さでムレやすくなりますし、冬は厚着しているとムレやすくなってしまいます。ムレてしまうと、汗が出て、雑菌の繁殖を助けてしまい、臭いを発します。また、おりものでも臭いはでてしまいますし、性病を患っていると、強烈な臭いを発します。そうなる前に、きちんとしたケアが必要なのです。
お風呂に入って、体を洗う時に、普通のボディーソープや石鹸を使っていませんか?もちろん、普通のボディーソープなどを使用しても、まんこ周辺を洗浄することは可能ですが、それだけでは、まんこの黒ずみや臭いの対策にはなりません。
まんこの黒ずみや臭いの予防をしたい場合は、専用のボディーソープや石鹸を購入して、優しく洗ってあげましょう。デリケートゾーンといわれる部分ですから、あくまでも優しく、丁寧に洗うことが必要です。また、膣内は膣内専用のケアグッズがあるので、そちらを利用するようにしましょう。膣内を専用品以外で洗ってしまうと、炎症をお越し、さらに臭いの元になってしまう可能性があるのです。
おりものからの臭いは20代の女性にはほとんどありませんが、30代を境に臭いがキツくなってしまう傾向にあります。おりものは古い細胞を排泄して、新しい細胞に変える重要な役割なので、臭いがあるのは仕方ないことです。ただし、定期的におりものシートを交換しましょう。定期的な交換によって、ムレにくくすることで、まんこの臭いの対策にもなります。
自分が、どの原因で、まんこの臭いがするのかを理解した上で、対策やケアをしてあげましょう!