woman is sad because many problems

girl looking out the doorway

適度なケアをする

女性のデリケートゾーンは、その名の通りデリケートな部分です。まんこの臭いは気になってしまうものですが、優しく適度にケアしてあげましょう。臭いの原因を理解して、対策やケアをしてあげることで、臭わないまんこを目指しましょう! Read more
girl sitting thinking

大小の整形術

女性にとって、顔のたるみは重要な問題です。美容整形外科クリニックなどでは、フェイスリフトやフェザーリフトといった方法で、たるみ肌の改善をしています。どちらの施術にもメリットがあるので、施術内容を理解して選びましょう! Read more
girl sitting sadly sea

経験談を見てみよう

美容整形外科クリニック、先生、整形手術の種類、価格など、様々なことが掲載されている口コミサイトを利用しましょう。自分のしたい施術のコースと、自分に合う美容整形外科を探すためのいいアドバイスが掲載されているかもしれません。 Read more

膣の緩みを抑えるなら

girl wearing spectacles sitting sad

たるみなどを解消したいと考えている方におすすめです!フェザーリフトが気になるならここをチェックしましょう!

女性は、年齢とともに、膣が緩んでいきます。その結果、尿漏れなどの症状になってしまいます。20代頃からどんどん膣が緩んでいく傾向にあるので、膣の緩みを感じたら、すぐに戻してあげましょう。
膣の緩みをおさえる代表的なものに膣の周辺の筋肉を鍛える膣トレーニングがあります。短時間で毎日続けることで、効果があります。トレーニング自体は簡単ですが、結果がともなっているかどうか、すぐに実感することはできません。
そんな時は、女性の悩みを解決してくれる、美容外科クリニックに行ってみましょう。美容外科クリニックなら、膣縮小手術などで、確実な効果を手に入れることができます。
膣縮小手術と聞くと、怖いイメージや、高額すぎるイメージがありますが、最近ではメスでの切開などを行わずに効果のある手術があるので、手術跡が残りにくく、手術の方法も変化しているので、手軽に行える手術もあります。
例えば、ヒアルロン注射・ビビーブ(高周波治療)による治療は、効果が1〜2年程度ですが、費用は20万程度です。術後1週間程度は性交はできませんが、手術のように傷跡が残る心配はありません。
レーザー治療や切開による膣縮小手術の場合は、半永久的に効果が持続します。レーザー治療による膣縮小の場合は70万程度の費用がかかりますが、手術跡は残りません。また切開による膣縮小手術は40万程度でできます。ただし、1〜2ヶ月は性交はできません。
もちろん、これらの方法は、妊娠する可能性が無いことが前提なので、妊娠をする可能性がある方はできません。どの美容整形外科クリニックでも、膣のゆるみの度合いを検査してくれるので検査だけでも行ってみる価値はありますよ!